1. TOP
  2. etc...
  3. ちゃいちゃんの測定結果

ちゃいちゃんの測定結果

ちゃいちゃんの腸内健康年齢は以下のとおりです( ´ ▽ ` )ノ

全体バランスは6

数字が大きいほどよくないみたいです。

ちゃいちゃんは、燃焼する菌(やせ菌)34.27%と平均より多いようです。

これらの細菌類が生成した短鎖脂肪酸(※)は、腸から吸収されると体内の脂肪細胞に働きかけて余分な脂肪吸収を防いだり、筋肉に働きかけて脂肪燃焼を促進する作用があるといわれています。

これが、あれだけ食べても太らない体型を維持できる秘訣だったんですね〜( ´ ▽ ` )ノ

・お腹を整える菌0.14%
栄養の吸収をスムーズにするための環境をつくったり、老化やがんを防ぐ働きがあるとされている細菌群で、病原菌などの増殖を妨げ、有害となる物質がつくられないよう働いています。

・溜めこむ菌(肥満菌)39.89%

ヒトやマウスの研究で、肥満に多いということが報告されています。腸内で数が多くなると、たくさんの胆汁酸を作り変えて脂質を吸収しやすい形にしてしまいます。そのため、本来であれば排出される脂肪分を余分に吸収してしまいます。

・異常に増えるとよくない可能性がある菌14.71%

病気を引き起こすといわれる細菌を含む細菌群です。主にタンパク質をエサとして腐敗をおこし、様々な有害物質を作りだします。腸の中で数が増えすぎてしまうと下痢を引き起こしてしまうものや、腸炎の原因となるものも存在します。